toggle
2024-05-12

【レポート】マツ剪定講習会「マツを学ぶ」

2024年5月11日と12日の二日間にわたり、講師に武田潔氏をお迎えして第1回マツ剪定講習会を行いました。

初日は座学形式で、マツと日本人の関わりや芸術表現への表れ、手入れの手法の概念まで、幅広い内容についてお話をいただきました。

武田さんが長年の修行で培ってこられた経験をもとに語られるお話はとても実践的で説得力があり、教則本の類には書かれていない内容に大変多くの学びと気付きを得ました。武田さんのお言葉の端々に、植木の一本一本を敬い、その木その木の命を尊重して丁寧に接していこうとするお心が感じられ、大変印象的でした。

二日目は江東区にある古刹、長勝寺さんの境内をお借りして、マツの剪定(みどり摘み)の実技講習を行いました。

参加者それぞれが今まで行ってきた手入れの方法を顧みながら、武田さんのご指導の通りに作業を進め、その手法を体感で学んでいきます。座学の時とは違う具体的な質問も多く上がり、武田さんの丁寧で情熱的なご指導につい皆が集まってしまい作業の手が止まる瞬間もありましたが、無事に予定の作業を終えることができ、大変有意義な講習とすることができました。

多数のご参加をいただきありがとうございました! 次回もお待ちしております。

このたびは、講師の武田さんはじめ、場所をお借りした長勝寺さん、ならびに長勝寺さんの境内を守られている(株)富士植木さん、皆様の寛大なご理解とご協力を賜り、このような講習会を開催することができました。この場を借りて感謝を申し上げます。

次回は来年の1月を目処に、マツの冬の手入れについての講習会の開催を予定しています。

日程等は後日改めて発信いたします。

今回ご参加いただいた皆様はじめ、新規参加の方も歓迎いたしますので、どうぞお近くの方もお誘い合わせの上ご参加ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA